個人投資家が購入できる投資信託

個人投資家が購入できる投資信託には、様々な内容の金融商品が存在しています。金融商品としては、まず株式を対象としたものがあります。株式を対象とした金融商品は元本が保証されていませんが、大きなリターンも期待できる可能性があります。次に債券を対象としたものがあります。債券と対象とした金融商品は、確定利回りが保証されていることから安定運用ができます。次に不動産を対象としたものがあります。不動産を対象とした金融商品は利回りが比較的高く、基準価格も安定する傾向が出ています。それぞれの金融商品においては、いくつかの商品に資金を分散させて投資をしておくとリスクを抑えることが可能となります。

投資信託を購入する前に

投資信託は自分の資産をプロの投資家(ファンドマネージャー)に運用してもらえる金融商品です。利点は少額(ほとんどの運用会社は1万円から始められます)から運用出来る点と、国内外の債券・株式・不動産など様々な投資先を選べる事です。欠点は最初に販売会社や銀行などの販売機関に支払う販売手数料(無料の販売会社もあります)や信託報酬がかかる事(毎年0.5~2パーセント程度かかります)や、購入したときより値下がりする場合がある事です。また毎月分配金を出す投資信託は分配金の金額より基準価格が下落しているものもあるので、注意が必要です。

投資信託についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 個人投資家の買う金融商品 All rights reserved